「今年の漢字」は「令」

 日本漢字能力検定協会は12日、京都市東山区清水寺で2019年の世相を1字で表す「今年の漢字」は「令」に決まったことを発表された。「今年の漢字」は1995年から漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるための啓発活動の一環としてスタートしたとのこと。毎年12月12日の「漢字の日」にちなみ、京都・清水寺森清範貫主の揮毫により発表している。でも、個人的には「令和」だから「令」とはどうかなという疑問もある。流行語大賞の「ワンチーム」から「一」でもいいような気もするが。

 

今日からまた仕事ですか?

 具体的な担当業務も年内は終わり、書類の整理にです。と言っても急ぎではないので、ゆっくりと行っています。どうすれば今の会社に貢献できるのか。そんなことを考える今日この頃である。贅沢な悩みかもしれないが、給料泥棒にはなりたくない。この会社に役立てるような存在感が欲しい。贅沢な悩みかもしれないし、仕事人間の証かもしれない。

 まわりは私をどうみているのだろうか。かなり気をつかっているみたいである。

江戸博特別展「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」へ

 昨日7日には、特別展「大浮世絵展―歌麿写楽北斎、広重、国芳 夢の競演」が開催sれている江戸博に出かけた。

 喜多川歌麿東洲斎写楽葛飾北斎歌川広重歌川国芳という五人の人気浮世絵師の作品を国内だけでなく,欧米の美術館、博物館、個人コレクションなどから、錦絵の代表作を集め展示されていた。一般的に有名な作品ほど日本になく,イギリスやアメリカの美術館に展示されていることには改めて驚かせられた。歌麿美人画写楽の役者絵もよかったが,北斎の「富獄百景」・広重の「東海道五十三次」の風景画が作品を知っていることも実物を見学できてよかった。6階の常設展示も被災しぶりに見学し,一日江戸博で過ごした。やはり歴史に惹かれるのかもしれない。江戸博に近い北斎美術館も機会があればまた行ってみたいものである。

令和初の流行語大賞にラグビー日本代表「ONE TEAM」

 「2019年ユーキャン新語・流行語大賞」が今日2日に発表され、ラグビーW杯で史上初の8強入りを果たした日本代表のチームのスローガン「ONE TEAM」が年間大賞に選ばれた。
 「ONE TEAM」の選出理由について、同賞選考委員で東京大学名誉教授の姜尚中氏は「想定外の自然災害の連続や閉塞感、いじめや政治の淀みなどがあり、弾けるような流行語・新語が見いだし難い一年だったように思う」とした上で「その闇を払ってくれたのはラグビーの大活躍と国民的な熱狂だった。この明がなかったら、今年は不作の年だったに違いない」と説明。また,コラムニストで漫画家の辛酸なめ子氏は「芸能界に様々な激震が走った今年。闇営業の吸引力は強かった」としつつ、数々の災害について「ONE TEAMとなって乗り越えて行かなければと思わされました」とし、続けて「誰かに笑わされるのではなく自発的に笑えば幸運が訪れると、スマイリングシンデレラが教えてくれたようです」と発言された。
 今回、「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」「タピる」「#KuToo」「○○ペイ」「免許返納」「闇営業」「令和」が受賞語に、現役引退した野球選手・イチロー氏が3月の引退会見で口にした「後悔などあろうはずがありません」が選考委員特別賞に選ばれたのが印象的であった。

いよいよ12月ですね。

 昨日1日から師走。東京では、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」の発表がないまま冬を迎えた。2年連続で木枯らし1号が吹かなかったのは、統計が残る昭和26年以降初めてのようだ。「木枯らし1号」は、気象庁が東京と近畿地方で発表していて、東京では10月半ばから11月末までに西高東低の冬型の気圧配置となって北寄りの風が吹き、最大風速がおおむね8メートル以上に達することを基準としているとのこと。近畿地方では先月4日に木枯らし1号が吹いたが、東京では対象期間の最終日となる先月30日も基準を満たす風が吹かず、ことしの木枯らし1号は「発生せず」。

 いよいよ本格的な冬を迎える。今年は一段と寒いのかな?

 

最近なんとなく

 最近なんとなく仕事をしていてもあまり燃えない自分がそこにある。どうしたのかな。目標がなくなってしまったのか。年齢からくるのかな?

 

 ときめきもなければ、みずからに輝きもないのかな。11月も半ばである。いろいろな思いが去来している。複雑な心境があっても、何も変わらない。変えられるのは未来と自分だけである。現在の姿はまさに、過去の結果である。夢物語の如く、昔に戻ることは、できない。タイムスリップは映画やテレビの世界。大事なのは、これからの自分の姿であろう。悔やんでも仕方がないが、前に進み切れない自分があるのも事実。でも、これからの自分を本当に変えることができるのだろうか。不安。こんな精神状態の自分が情けなく、つらいものである。いくら事実を、現実を理解できても行動が伴わない自分をそこにみる。
 前に進むように、今日も課題を自分に与えていきたい。今いかにモチベーションを保つためには、課題をあたえるしかない自分も悲しすぎかな?明日もまた自分に課題を与え、それに没頭させるしかないのだろうか。

今日は即位の礼で休日。

今日は即位の礼で休日。飛び石連休である。今日のも台風20号の影響で雨模様。最近は週末付近で台風の影響で被害がつづいている。また21号も近づいている。温暖化の

影響で海面温度も上昇しているようだ。気温も一段と寒い休日である。20度を下回っている。なんとなく,10月にしては早くも晩秋かな。そんな陽気のこのごろである。

秋もなく、冬支度?